ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」フェライトバーアンテナ化

「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」フェライトバーアンテナ化

先日aitendoで購入した「最強版 DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」のAM用アンテナをフェライトバーアンテナに変更しました。 前回ステレオに変更したものをベースにしています。
DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版 ステレオ化して フェライトバーアンテナ化

元々このキットではラジカルインダクタを使用しています。 (基板のシルク印刷はL1)  これでもラジオは何局か聞けるのですが、見るからに効率が悪そうですのでフェライトバーアンテナに変更してみることにしました。

実はフェライトバーアンテナは既にaitendoでBANT-10L120-340UHという割りと長いものを購入済みでしたのでそれを使います。 既存のラジカルインダクタL1を取り外し、そのL1用のランドにバーアンテナの線を接続します。 このアンテナはコイルが2つ巻かれている形になっているのですが、これが直列になるように使いました。 両端から出ている線をL1のランド(基板裏面側)に接続し、残ったの2本の線はお互いに接続しました。

変更後は感度が格段に良くなりました。 ただやはり同調(チューニング)がシビアなので、油断してTUNEつまみをまわしていると、受信できていることに気が付かず通りすぎてしまいます。 これはDSPラジオの一般的な特性なのか、このDSPラジオICのAKC6959の特性なのかはどうなんでしょうね。


関連記事

「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」 買いました
「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」 組立
「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」 不具合原因判明
「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」 ステレオ化
「最強版DSPコアTINYラジオキット K-SPK6959B C版」 フェライトバーアンテナ化

 

ラズパイカテゴリの最新記事