ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

「It’s a Sony展 Part-1」 見てきました。

「It’s a Sony展 Part-1」 見てきました。

銀座 ソニービル開館50年の展示です。 Part-1, Part-2とありますが、2017.2.12まではPart-1を開催していて、歴代のソニー製品、音楽、映画、ゲームなどの展示を行っています。

実のところ現在は熱烈なソニーファンというわけではありませんが子供の頃はとても好きでした。

展示物は写真撮影が許可されていて多くの方が写真を撮っていました。
撮影したものから何枚かピックアップしてみます。

入り口を入ったところです。
It's a Sony展 Part-1 エントランス

日本初のテープレコーダー。 テレビ等では何度か見たことがありますが、実物を直接みるのは初めてです。思っていたとおりの大きさ(でかい!)でした。
「It's a Sony展 Part-1 G型テープレコーダー

当時世界最小のトランジスタラジオ。
「It's a Sony展 Part-1 TR-63 当時世界最小のラジオ

これはポータブルテープレコーダー。 大きさの比較が対象がありませんが、リール経が「赤いきつね」の直径と同じ位かな?(記憶が曖昧ですみません。) これはモータ駆動で、これの前の機種はゼンマイ駆動だとか。
「It's a Sony展 Part-1 M型テープレコーダ

チューナー内蔵で裏番組が録れるビデオレコーダーの1号機。 もちろんベータ方式です。
前面パネル右側のチャンネル切り替え(ガチャガチャ回すやつ)が懐かしい。 うちにはなかったけれど、友達の家にはこんな感じの(何号機かは?)がありました。 これってタイマー録画機能はついてないんですよね。
「It's a Sony展 Part-1 SL-7300

歴代の記録メディア。 オープンリールテープ、カセットテープなどなど。
「It's a Sony展 Part-1 記録メディア カセットテープなど

これは昔の製品ではない今のスマートウオッチです。 スマートウォッチとしての時計に対する付加機能の回路はブレスレット部分に搭載されています。
「It's a Sony展 Part-1 スマートウォッチ

他にもビデオカメラ、TV、PC、などいろいろな製品の展示が行われていました。  懐かしいものもあったりして楽しむことができました。

電車でお出かけカテゴリの最新記事