ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

動きが渋い南京錠、バッチリ修理完了!

動きが渋い南京錠、バッチリ修理完了!

しばらく使っていなかった南京錠、今回久々に使おうと思ったのですが鍵の抜き差しや回すのが固いです。 ベタベタになる油を使わずにうまく修理できました。

動きが渋くなってしまった南京錠

10年は使っていなかった南京錠なので鍵の抜き差しや回そうとしてもガチガチに固いです。 とはいっても力を入れれば抜き差し、回転はできる状態でした。
動きが渋くなってしまった南京錠

潤滑剤は鉛筆の芯

今回は屋外で使おうとしているので、注油は厳禁ですね。 鍵がベタベタになったりしますし、鍵穴に入った砂埃などがそのまま溜まってしまいます。 鍵穴といえば鉛筆の芯。 今回はシャープペンシルの芯をカッターナイフで削ったものを使います。
シャープペンシルの芯をカッターナイフで削ったもの

鍵穴に鉛筆の芯の粉を注入

鉛筆の芯をカッターナイフで細かく削り、南京錠の鍵穴に注ぎ込みました。 その後鍵を入れて回転、抜き差し。 1度だけではまだ渋い状態でしたので、再度鉛筆の芯を削り鍵穴に注入。 鍵を挿入、回転。 3回程繰り返しました。
南京錠の鍵穴に鉛筆の芯の粉を注入

動きが軽くなる!

渋かった鍵の動きが軽くなりました。 新品同様というと言い過ぎかもしれませんが、使用上全く問題ないレベルです。

鉛筆の芯の粉は使いたくないって場合は?

鉛筆の芯の粉なんて使いたくないという方は鍵穴専用潤滑剤も売られています。 南京錠の場合は買い直しの方が安くつくかもしれませんね。

交換するとお金のかかる家のドアの鍵などにはよいかもしれません。

修理カテゴリの最新記事