Snow in Novemberのブログ(blog)

C言語でPIC18F、カラーグラフィックLCD(M028C9325TP) 接続2

calendar

LCDモジュールに立てるピンソケットを入手したので、aitendoで入手したカラーグラフィックLCD(M028C9325TP (320 x 240ピクセル)への表示作業の続きをおこないました。

LCDとの結線は、先日決めた下記の通りです。
PIC   LCD
————–
RA0  DB8
RA1  DB9
・   ・
・   ・
RA7  DB15

RC0  RS
RC1  WR
RC2  RD
RC6  CS
RC7  RST

LCDモジュールとPIC18F26K22の電源は3.0V (写真左下の万能基板の回路で12Vから5.0Vを一旦作って、その5.0Vから3.0Vを作っています。)
LCDモジュールのバックライトLEDは常時点灯です(5Vに220Ωで接続。)。
タッチスクリーン関連の入力信号D_CSは、念のため抵抗でプルアップ、D_CLKとD_DINはGNDに固定しておきました。
C言語でPIC18F、カラーグラフィックLCD(M028C9325TP) を接続してグラフィックと文字表示
aitendoのこのLCDのホームページにC言語の参考コードが置いてあるのでそれをベースにして変更をおこないました。 参考コードはSTM32という別のCPU用です。 なので、上記結線に対応する形でPIC18F26K22用に変更しました。

レジスタアクセスの関数は全く使えそうにないので全て(といっても少しですが)作成して置き換えました。

LCDの初期化や文字表示、グラフィック関連の関数はほぼそのまま活用。主な変更点は、
ヘッダファイル関連をXC8用に整理 (main.cの雛形の先頭を参考にILI93xx.cに追加)
ヘッダファイルlcd.hにLCD関連関数のプロトタイプ宣言を追加 (main.cにincludeする)
USE_HORIZONTALのdefineを有効化
u8, u16,u32のtypedef(unsigned char, unsigned short, unsiged long)を追加

最後にテスト用のコードをmain()に書いて、無事にグラフィックと文字表示ができました。 写真のものはLCD_Draw_Circle,  LCD_ShowString関数を使っています。
PIC18F(PIC18F26K22)で、カラーグラフィックLCD(M028C9325TP)にグラフィックと文字表示
このLCDモジュールには、タッチスクリーンとSDカードソケットが付いています。 これらを試すかどうかは未定です。


関連記事
C言語でPIC18F、まずはLチカ (LED点滅
C言語でPIC18F、カラーグラフィックLCD(M028C9325TP) 接続
C言語でPIC18F、カラーグラフィックLCD(M028C9325TP) 接続2
C言語でPIC18F、SDカード読み書き
C言語でPIC18F、SDカードの画像ファイルをLCD(M028C9325TP)に表示

自家製かき氷は簡単に作れますよ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




thirteen − 7 =

folder お助けグッズ

No Image

ネコポス測定定規をゲットしました
more...

folder カード

SBIカードから重要なお知らせの郵便が届きました。サービス終了!
more...

folder サプリメント

旅行中もお腹快調  ビフィズス菌BB536サプリ
more...

folder その他

No Image

消火器の有効使用期間が切れていました
more...

folder ダイエット

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

more...

folder 書籍(本)

走り方がわかる本。ランニングの科学 買いました
究極の個人旅行ガイド本 バックパッカーズ読本 最新版 買いました。
more...

folder 衣服

ヘインズ Hanes Tシャツ 靑ラベル まとめ買いしました
more...

folder 防災グッズ

超大型台風(21号)をきっかけに最近の防災グッズを調べてみました
more...