ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

FDD 4P電源コネクタをSATAドライブに接続する変換ケーブル OWL-CBPU016 買いました

FDD 4P電源コネクタをSATAドライブに接続する変換ケーブル OWL-CBPU016 買いました

ATX電源を変更したらSATA電源コネクタが届かない!

PCのATX電源ユニットを変更したところSATA接続のドライブの電源コネクタに、電源からのケーブルが届かない事態になりました。

新しいATX電源は玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 400W ATX電源 KRPW-L5-400W/80+です。SATA用の電源コネクタは3つあり個数としては足りていたのですが各SATA電源コネクタ同士の間隔が15cmでドライブの1つにコネクタが届きませんでした。

SATA電源ケーブルを延長してもよいのですが、今回は使用することのないFDD用のコネクタをSATA用のコネクタに変換ケーブルを使って変換しました。

このような変換ケーブルはネットでもなかなか見つける事ができず、しかも商品の表記を見ても今ひとつピンとこない感じでしたが、実際に現物を手に入れたところ希望していたものでした。購入した商品はコレ オウルテック 電源変換ケーブルです。

FDD用4P電源コネクタをSATA電源コネクタに変換

ATX電源ユニットからのFDD用の4Pコネクタ部分です。
ATX電源ユニットからのFDD用の4Pコネクタ部分

FDD用のコネクタに購入した変換ケーブルを接続したところです。
FDD用のコネクタにOWL-CBPU016変換ケーブルを接続

SATAのドライブ(DVD)に接続しました
FDD用のコネクタにOWL-CBPU016変換ケーブルを接続しSATAのドライブ(DVD)に接続

最後に

ATX電源ユニットから出ているケーブルのFDDコネクタにこのオウルテック 電源変換ケーブルを経由してSATAのドライブに接続できるようになりました。それにしてもメーカーの商品情報にも接続例とか写真があるとわかりやすいと思うのは私だけでしょうか。

商品とパッケージも載せておきます
OWL-CBPU016 商品とパッケージ

PCカテゴリの最新記事