ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

語学学習用にオリンパスのICレコーダー Voice Trek V-863を買いました

語学学習用にオリンパスのICレコーダー Voice Trek V-863を買いました

語学学習用にオリンパスのICレコーダーV-863を買いました。 メモリ容量は8GBありさらにMicroSDカードも使用可能です。 ファイル形式は一般的なMP3で、PCへのファイル転送、管理も専用ソフトは不要なので超簡単です。 スマホと違って録音中に電話が来てしまったり、LINEが届いたりすることもないので快適に使えますし、ステレオで録音されるので会話相手との臨場感がよく再現されます。

購入したのはこれです

オリンパスのICレコーダーV-863は、充電池や持ち運び用のソフトケースまで付属しています。 充電池の充電はこの本体に内蔵したままUSB経由で可能です。下位機種にV-862というものもあるのですが、メモリ容量が半分の4GB、付属電池はアルカリ電池、さらに本体で充電池の充電はできませんしソフトケース付属しません。 価格もそれほど違わないのでV-863を購入しました。

色はシャンパンゴールドです。 なかなかいい色で、安っぽさはあまりないですね。 他にはブラックもあります。

実は、今まで10年程使用していたSONYのICレコーダー(ICD-SX77)がWindows10でサポートされなくなってしまったのです。当時2万円前後で購入したこの機種はファイル形式が独自形式でWindows上でMP3に変換していました。 ですが、そのためのWindows用のアプリがWindows10では使用できないのです。 そのため、ICレコーダーを買い替えました。

オリンパス ICレコーダーV-863

充電池をセット

充電池の蓋は脱落防止のために本体から離れないような仕掛けがあります。 入れる向きが2本とも同じ向きなので注意ですね。電池を入れた後電源をいれると時間合わせなど画面にいくつか質問がでてくるので、その指示に従うと使用準備は完了です。

オリンパス ICレコーダーV-863 充電池蓋

充電池の充電は?

この本体に内蔵したまま、PCにUSB接続するとできてしまいます。 録音したファイルをPCに取り込むついでにできてしまうので楽ちんですね。 しかも、電池を本体から取り外ししないので、本体内蔵の時計の時間合わせを再度する必要がありません。 自分はこの点がとても気に入っています。 (使用しているうちにだんだんと誤差が出てくる分については時間合わせは必要ですね。 電池交換のたびに時計が止まってしまうことがないと言う意味です。)

最近の機種は電池交換のたびに時計の時間合わせをする必要があるものが結構あるようです(V-862もそうです)。

録音品質は?

期待通りきれいにとれますね。 さすがはマイクロカセットテープ時代から小型レコーダー(パールコーダーです。)を作ってきているメーカーです。 自分は語学学習用に使う予定です。 この機種は録音形式はMP3だけで音楽向きのPCM形式は使えません。 ですが、経験上語学学習用ならメモリ容量を多く使ってしまうPCM形式は全く不要。 音質もMP3で十分満足。 ちなみにきちんとステレオで録音できるので会話相手との臨場感が再現されるので学習効果が上がりそうです。

スタンド内蔵

折りたたみのできるスタンドが内蔵されています。 ICレコーダーを机の上において使用する時に、マイクが机の板から離れるので良い感じです。 他の機種でスタンドがついているものはあまり見かけませんね(V-862は付いています)。 このスタンドも私のお気に入りです。

オリンパス ICレコーダーV-863 スタンド

便利機能がいっぱい

カレンダー形式で録音されたファイルを選択できたり、再生速度を速くしたり遅くしたりできます。  日付を指定するというよりも、通常のカレンダー形式での表示からファイル選択できるのも嬉しいです。録音されたファイルが多くなっても見つけるのが簡単だと思いました。

ところで録音時間は?

内蔵メモリ(8GB)でステレオで130時間です。 MicroSDを追加で挿入するとさらに録音時間を延長できます。 自分はSandiskのSDカード16GBを追加しておくことにしました(最近は安くなりましたね~)。トータルの録音時間が3倍になります。 ちなみに、SDカードサイズに変換するアダプタも付属しているので、デジカメなどでSDカードのタイプのものにも使えます。

Sandisk SDカード16GB

まとめ

期待通りでとっても満足しています。 充電池も形状が単3形なので駄目になったら交換できますし長く使うことができそうです。

家電品カテゴリの最新記事