ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」基板組み立て

「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」基板組み立て

先週aitendoで購入した、2.7インチSTNシリアル液晶モジュール(解像度:128×64ドット、液晶コントローラ:ST7565R)ですが、基板への部品実装が必要なセットになっているので、まずは組み立てを行いました。
2.7インチSTNシリアル液晶モジュール 2P-S60779 (解像度:128x64ドット、液晶コントローラ:ST7565R)の基盤裏面への部品実装を行いました。
元々はFPCは基板に直接はんだ付けする想定なのですが、分解することもあるかもしれないのでコネクタを利用しています。 23ピンのコネクタがなかったので、24ピンのコネクタをはんだ付けし、FPCを1ピン側に寄せて使っています。 (追記: このコネクタを取り付けるという判断によって後に問題発生!)

この基板とPICをブレッドボード上で接続し、PICのプログラムを作成して表示を行う予定です。 表示まで無事に行うことができればグラフィックの液晶コントローラがどのようなものなのか理解できるかなと思っています。

ところで、RLEDのところの抵抗器はまだ実装していません。
液晶モジュール(S60779)のデータシートによると順方向電流の絶対最大定格(IFm)が15mA。 抵抗器は20Ωが2つ付属してきたのですが、予定している3.0V電源では20Ωでも直列の40Ωでも15mAを越えてしまいます。 ((電源電圧 – 順方向電圧(VAK)) / 抵抗値 = (3 – 2) / 20 x 1000= 50 mA)

10mA程度にしたいので、100Ω程度の抵抗器( (3 -2) / 100 x 1000 = 10 mA )を入手してから実装します。
2.7インチSTNシリアル液晶モジュール 2P-S60779 (解像度:128x64ドット、液晶コントローラ:ST7565R)の基盤表面へのコネクタの実装を行いました。


関連記事
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」買いました
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」基板組み立て
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」基板 ブレッドボード上でPICに接続
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」 仕様確認
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」 全ドットON
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」世界地図表示
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」文字も表示

2P-S60779カテゴリの最新記事