Snow in Novemberのブログ(blog)

「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」 仕様確認

calendar

aitendoで購入した2.7インチSTNシリアル液晶モジュール(2P-S60779、解像度:128×64ドット、液晶コントローラ:ST7565R)をPIC(PIC16F687)での表示を試してみるため、液晶モジュール本体(S60779)と搭載されているコントローラLSI(ST7565R)のデータシートを確認。
S60779のデータシートはaitendoのサイトから、ST7565Rのデータシートはググって入手しました。

以下のことがわかりました。

  • LCD(液晶)用の電源の昇圧回路はx4設定。 今回の外部電源3.0Vだと最大12Vとなる。 実際にLCDに与える電圧はST7565Rにコマンドを送りこの最大電圧以下で変更できる。 もしコマンドでの設定を間違えても、LCDの電源電圧の絶対最大定格13.5Vを超えないのできっと壊れない。
  • コマンドは4線シリアルからライトする。 リードはできない。 PICからは1バイト単位でライトできればOK。パラメータを持っているコマンドの場合、コマンド(1バイト)を送ってからパラメータ(1バイト)を送る。
  • 表示データは、表示RAMにデータをライトする。 先頭のアドレスはこれに先立ってコマンドで指定。
  • コマンドのライトなのか、表示データのライトなのかは、A0信号のHigh/Lowで切り替える。
  • LCDの初期化手順はS60779のデータシートにサンプルがある。 (ただし、LCD電源電圧のパラメータが怪しいかも。 データシートでは Typ. 8.9Vになっているがサンプルのパラメータだと低すぎと思う。 実際に試したときに確認の予定。)
  • Power ON/OFF, データ表示の手順(フロー)はS60779のデータシートにある。

PICのプログラムとしては、
PICから4線シリアル上にコマンドまたは表示データの1バイトの値を送信する処理(サブルーチン)。
Power ON/OFF、データ表示に関する処理など。
という感じでいけるかと思っています。


関連記事
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」買いました
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」基板組み立て
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」基板 ブレッドボード上でPICに接続
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」 仕様確認
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」 全ドットON
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」世界地図表示
「グラフィック表示液晶モジュール 2P-S60779」文字も表示

自家製かき氷は簡単に作れますよ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




2 × 1 =

folder お助けグッズ

No Image

ネコポス測定定規をゲットしました
more...

folder カード

SBIカードから重要なお知らせの郵便が届きました。サービス終了!
more...

folder サプリメント

旅行中もお腹快調  ビフィズス菌BB536サプリ
more...

folder その他

No Image

消火器の有効使用期間が切れていました
more...

folder ダイエット

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

more...

folder 書籍(本)

走り方がわかる本。ランニングの科学 買いました
究極の個人旅行ガイド本 バックパッカーズ読本 最新版 買いました。
more...

folder 衣服

ヘインズ Hanes Tシャツ 靑ラベル まとめ買いしました
more...

folder 防災グッズ

超大型台風(21号)をきっかけに最近の防災グッズを調べてみました
more...