ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

シンガポール一人旅、マリーナベイサンズからの夜景、オーチャードなどを見に行ってきました。

シンガポール一人旅、マリーナベイサンズからの夜景、オーチャードなどを見に行ってきました。

シンガポール一人旅をして来ました。翌日にはマレーシアに移動なので一泊だけの短期滞在です。マリーナベイザンズ(サンズ・スカイパーク(SANS SKYPARK))から夜景を眺めたり、オーチャード(Orchard)周辺、リトル・インディア(Little India)を散策してきました。

チャンギ空港に到着

まずは案内に従ってMRT(地下鉄)を目指します。
チャンギ空港 ターミナル4からMRTへ

待つこと数分、シャトルバスが到着
シャトルバスで移動し更に徒歩でMRTの駅まで移動
チャンギ空港 ターミナル4からMRTへのシャトルバス

ツーリストパス(Tourist Pass)がなにやら良さげです。券売機でホテル近くの駅までの料金を念の為確認して、ツーリストパスを購入することにしました。ツーリストパスの購入は有人窓口でしかできません。

シンガポール MRTのツーリストパスの価格表掲示板

2 DAY(2日間)のパスを26SGDで買いました。カード自体に情報が記録されているらしく、特に表示はありません。翌日にこの窓口に戻ってきたときにデポジットの10SGDは返金してもらえます。ただし24時間対応ではないので要注意です。

このパス、何時に買ってもその日の終わりで1 DAY分が終了します。なので早い時間に買うことができるとよりお得です。

シンガポール MRTのツーリストパス

さすが空港のMRTのホームは綺麗ですね。
このあと電車に乗って無事にホテル最寄りの駅まで移動、ホテルにたどりつきました。
シンガポール チャンギ空港 MRTのホーム

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)へ

MRTに乗ってベイフロント(Bayfront)駅に移動、その後徒歩でマリーナベイザンズに移動します。下から見上げたところ。
マリーナベイザンズ 1階

マリーナベイサンズに着いてから展望台の場所に行くために1階の先端側に移動しました。人がいっぱい並んでいたのでその列に並んで、待つこと約20分。 自分の購入の番になり、サンズ・スカイパークに行きたいことを伝えると、このエレベーターではないと。ひょえー、20分も待ったのに。どうやら自分がならんでいたのはバーかレストラン行きのエレベーターだったようです。

正しい場所を聞くと、一度建物の外に出て地下に行くとチケット売り場があるとのこと。行ってみると全然人は並んでいなかったです。時間を無駄にしてしまった。

なんとかサンズ・スカイパーク(展望台)行きエレベーターのチケットを購入。 23SGD(約1900円)まあこんなもんでしょうね。このホテルに宿泊するよりは全然安い!サンズ・スカイパーク行きのエレベーターもそのまま地下から乗ります。
サンズ・スカイパーク(展望台)行きエレベーターのチケット

展望台(Observation Deck)に着いたので、夜景を堪能。写真はたくさん撮りましたが、ここには1枚だけ貼っておきます。

マーライオンを見るためマーライオン・パークへ

サンズ・スカイパークから地上におりて、マーライオンのところまで反時計回りに徒歩で移動しました。 Google Mapがあるので迷うことはありません。途中でマリーナベイサンズを撮ってみました。実物はライトアップされている色が青や赤に変化しています。
マリーナベイサンズ 赤いライトアップ

マリーナベイサンズとマーライオンと月
マリーナベイサンズとマーライオンと月

マーライオンのところまで来ました。
マーライオン のライトアップ

オーチャード(Orchard)周辺を散策

翌日はシンガポールの繁華街であるオーチャードロード周辺を徒歩で散策しました。
シンガポール オーチャード 歩道橋
シンガポール オーチャード

リトル・インディアへ

インドには行ったことがないので、正直なところインドっぽいのかどうかわかりませんでした。
生活に必要なものは大体なんでも揃っているような感じです。
リトル・インディア
リトル・インディア

このあともあちこち散策して回ったのですが良い写真がないので以上です。
MRTでホテルに戻り、またMRTにのってチャンギ空港に向かいました。 MRTの2 DAYパスはきちんとデポジットを返金してもらえました。

やっぱりシンガポールは街全体が綺麗、空気も綺麗でしたね。でも物価が日本と変わらないか高いくらいでした。
マレーシアに向かいます。

旅行カテゴリの最新記事