ブログのデザインを変更しました 2018.8.31

マレーシア一人旅、KLタワー、バツー洞窟などを見に行ってきました。その1

マレーシア一人旅、KLタワー、バツー洞窟などを見に行ってきました。その1

マレーシアに行ってきました。個人旅行での一人旅です。マレーシアにはシンガポールから行き、その後タイに移動しました。宿泊はクアラルンプールで、観光してきたのはKLタワー、バツー洞窟、中華街、パビリオン、国立モスクなどです。

まずは空港からKLセントラルまで移動

マレーシア入国前にリンギット(RM)への両替を忘れていたので、空港でリンギットへ両替。 出口を出たところすぐに両替所を発見したのでそこで両替。近くに他の両替所は見当たりません。手持ちのシンガポールドル(SGD)を全部両替。

KLセントラル(KL Sentral)までKLIAエクスプレス(KLIA ekspres)で移動です。 KLIAのきっぷ購入窓口へ移動し55RMできっぷを購入しました。

購入したときに、窓口の方がプラットホームA (Platform A)だよと教えてくれました。プラットホームで電車をまつこと約10分。電車が到着。
KLIAエクスプレス(KLIA ekspres)

社内はとても綺麗です。すでに21時を過ぎていたので乗客はとても少ない。 乗り心地もとてもいいです。
KLIAエクスプレス(KLIA ekspres) 車両の内部

KLセントラル(KL Sentral)に無事到着。 その後無事ホテルに到着しました。

宿泊税(Tourism Tax)

ホテル代はすでに支払い済みなので安心していたのですが、フロントで宿泊税(Tourism Tax)を払ってくださいと。一泊あたり10RM。そんな税金があったとは予定外でした。

マレーシアでの移動手段

今回はツアーではない個人旅行での一人旅です。空港や郊外と市内間の移動には、電車(KLIA、KTM)を使い、市内での移動には電車(LRT、MRT)とGrab、それから無料バス(GOKL)を使いました。もちろん徒歩も。実は徒歩観光は好きです。スマホでGoogle Mapが使える限り迷うことはありません。

タクシーは使わないの?と思われる方もいるかと思いますが、東南アジアのタクシーの場合は、特に外国人に対してはメーターを使わなかったり、使っていても改造されていたりということが度々起こるので使わないようにしています。

一方GrabはスマートフォンのGrabアプリで行き先と来てほしい場所を指定すると、事前に料金がわかるのでぼったくり被害にはあいません。そのまま車をアプリ上で呼ぶことができて便利です。

無料バス(GOKL)は市内巡回バスで4路線あります。事前に申し込みとかは全く必要なく、そのまま各バス停で自由に乗り降りできます。観光地巡りにも便利につかえます。

中華街(China Town)へ

まずは中華街へ行ってみました。 正直ちょっと微妙。 時間帯が悪かったのかもしれません。 夜に来るべきだったかもしれません。 規模はそれほど大きくないように思いました。
クアラルンプールの中華街(チャイナタウン)
クアラルンプールの中華街(チャイナタウン)2

独立広場のムルデカ・スクエア(Dataran Merdeka)へ

中華街から徒歩で向かいました。Google Mapを頼りに移動、無事に到着。 Google Map最高です! ちなみにSIMフリースマホ東南アジア用のデータSIMを入れてGoogle Mapを使いました。

ほとんど無風だったので国旗が見えません。 残念!
ポールが曲がって見えるのはスマホで縦方向にパノラマ撮影したせいです。
独立広場のムルデカ・スクエア(Dataran Merdeka) 国旗
国旗を背にするとこんな感じです。とても広いのでパノラマ撮影。
スクエア前の道路にはたびたび観光バスが停車していました。
独立広場のムルデカ・スクエア(Dataran Merdeka)

チョウキットマーケット(Chow kit market)へ

Chowって英語で食べ物の意味ですね。マレー語でも同じ意味なんでしょう。チョウキットマーケットは広大な食材市場です。

ムルデカ・スクエアからLRTのMasjid Jamek駅まで歩きます。LRTでSultan Ismail駅まで移動。 駅を出てから道路上空に作られている長ーい歩道(本当にめちゃくちゃ長い)をMedan Tuanku駅方向に歩いて、途中からモノレールのレール沿いに北上。Chow Kitに向かいました。

LRTのSultan Ismail駅から続く道路上空の長い歩道
チョウキットマーケットへモノレール沿いを北上

途中で右側、チョウキットマーケット(Chow Kit Market)前の道路Jalan Raja Alangに入って少し歩くと到着です。 Google Mapさまさまです。迷うことなく到着。
チョウキットマーケット(Chow kit market)肉

とても広大な市場で一見の価値ありです。 実はもっと衝撃的なものもたくさんあったのですが、写真をとっていませんでした。

チョウキットマーケット(Chow kit market)
チョウキットマーケット(Chow kit market)魚

この市場の前の通りをさらに東側に進んでいくと遠くにペトロナス・ツインタワーが見えました。コントラストが印象的。
ペトロナス・ツインタワー

次はKLタワー(KL Tower)

暑い中結構な距離を歩いたのと、KLタワーは丘の上にあるという情報を掴んでいたので車で移動することにしました。Grabで車を捕まえてKLタワーまで移動です。しっかりKLタワーの目の前まで連れて行ってくれました。あとで知りましたが、丘のふもとから(正確には少しだけ登ったところ)から丘の上まで無料シャトルバスが出ています。

あっさり着いてしまったのでタワーの前で写真を撮るのを忘れていました。 がっかり。

展望台からの眺めはなかなか良いものです。一枚だけ貼っておきます。
KLタワー(KL Tower)展望台からの眺め

帰り道でKLタワーを下から見上げつつ撮影
KLタワー(KL Tower)

ブキビンタン(Bukit Bintang)に移動

繁華街であるブキビンタンに移動しました。 KLタワーから徒歩で移動するつもりであるいていると、GOKL(無料循環バス)のバス停があったのでGOKLに乗ってブキビンタンまで移動。ブキビンタンの前(一つ前)でパビリオン(PAVILION)というバス停で多くの乗客が乗ってきました。窓の外をみるとショッピングセンターっぽい。パビリオン情報は持っていなかったのであとで行ってみることにしました。

ブキビンタン(Bukit Bintang)バス停から周辺を見渡すとモノレールのブキビンタン駅も見えます。
モノレールのブキビンタン駅(Bukit Bintang)

ブキビンタン周辺をとりあえず散策しました。マッサージ屋さんが多いです。特に疲れてはいないので呼び込みは全部スルーしました。マクドナルドもありますね。バーとかも多いようです。

先程見かけたパビリオン(PAVILION)に向かってみます。 ショッピングモールであることがわかりました。
パビリオン(PAVILION)

Tokyo Streetの看板を発見!
ちょうどお腹が空いていたのと日本食が食べたかったのでちょっと散策。パビリオン(PAVILION)内のTokyo Street

うな丼を売っているお店があったので入店。うな丼を注文。すいません。お店の名前を失念してしまいました。Tokyo Street
の入り口付近のお店です。 味はまあまあです。
パビリオン(PAVILION)内のTokyo Streetのうな丼

パビリオン(PAVILION)を出るとすでに日は落ちていました。出てすぐのところに綺麗な噴水を発見。多くの観光客が噴水を背にして写真を撮っていました。
パビリオン(PAVILION)前の噴水

ペトロナス・ツインタワーの夜景を撮影しにKLCC公園(KLCC Park)へ

良い感じで撮れました。というより、公園に行ってわかりましたが、ペトロナス・ツインタワーがよく見える場所はかなり限られています。なのでみなさん同じ場所から撮影している可能性が高い気がします。
KLCC公園(KLCC Park)からのペトロナス・ツインタワーの夜景

この後KLCC公園でライトアップされた噴水ショーを見てホテルに戻りました。

マレーシア一人旅、KLタワー、バツー洞窟などを見に行ってきました。その2に続きます。

旅行カテゴリの最新記事